もうクラミジアは怖くない!ジスロマックとクラビットは強い味方

もうクラミジアは怖くない!ジスロマックとクラビットは強い味方

性感染症クラミジア

クラミジアとは、性感染症の中でももっとも感染者が多い病気であり感染者は若い10~20代前半の女性を中心に100万人を超えると言われる病気になります。
この病気はトラコマティスと呼ばれる大きさが0.3ミクロンほどの細菌が原因となっておこる病気になりますが、特徴として感染に対して無自覚であることがほとんであり目立った自覚症状を伴わないことがあり蔓延させてしまう引き金になってしまいます。
男性は尿道に感染をおこしますが50%ほどの方が無自覚であり女性は子宮頸管(子宮の入り口)に感染を起こしまうが約80%の方が無自覚になってしまうと言われています。
男性は尿道に痒みや排尿時に痛みを感じることがあり違和感があったり白い膿がでることがあり一方の女性は不正出血をおこしたり帯下(オリモノ)の増加などが挙げられホルモンバランスの乱れや生理前、体調の変化によって起こることもあるので無自覚になりがちで放置してしまうことにもつながってしまいます。
性行為からのみ感染を起こし、感染者とオーラルセックスした場合には咽頭に感染を起こし扁桃炎や咽頭炎など強いノドの痛みを伴い発熱することがあり、セックスやアナルセックスでは粘膜の接触によって性器や肛門に感染をおこします。
気づかぬまま治療せず放置していると男性は精巣に細菌が進行し無精子症などになり男性不妊の原因になり、女性は子宮外妊娠や不妊症につながることもあるので早期発見のためにも定期的な検診をすることも大切な治療方法になります。
近年ではセックスの低年齢化や多様化が問題になっており感染リスクは高まっており、コンドームの着用をすることは予防のためにも重要であり正しい知識をもって感染のリスクを自覚し性行為を行わなければなりません。
クラミジアは50%の確率で感染する感染力が非常に高い細菌でもあるので予防や少しでも体調に変化を感じる症状が現れた時には医療機関に相談しにいくようにしましょう。